/

首相、拉致問題「私もチャンス逃さず」 米朝会談後に

安倍晋三首相は30日夜、米朝首脳会談を受け、北朝鮮による日本人拉致問題について「私もあらゆるチャンスを逃さないという決意で全力を尽くしていく。最後は金正恩(キム・ジョンウン)委員長と向き合って解決しなければならない」と述べた。インターネット番組で語った。

「トランプ米大統領から私の考え方を金正恩氏に伝えてもらい、(中国の)習近平(シー・ジンピン)国家主席も問題解決に大変協力してくれている」と強調した。

河野太郎外相は30日夜、ポンペオ米国務長官と電話で協議した。米朝首脳会談に関して連絡を受けた。協議後、記者団に「朝鮮半島の非核化へ大きな後押しになると期待したい」と米朝の対話再開を歓迎した。「ポンペオ氏もこれからの政治家はツイッターをやらないとダメだと言って笑いあった」と述べ、トランプ氏のツイッターで外交が進んだとの認識を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

緊迫 北朝鮮

金正恩(キム・ジョンウン)総書記のもと、ミサイル発射や核開発などをすすめる北朝鮮。日本・アメリカ・韓国との対立など北朝鮮問題に関する最新のニュースをお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン