/

首相「改憲、議論の是非問う」 野党は賛否両論

安倍晋三首相は30日夜のインターネット番組で憲法改正について「立憲民主党や共産党の一部の野党が議論に応じていない」と語った。「議論をすることは私たちの責務だ。しっかり議論をするのか、しないのかを問うのが参院選だ」と述べた。

立民の枝野幸男代表は、改憲の手続きを定める国民投票法のテレビCMの規制の議論を優先すべきだと主張し「審議拒否をしているのは与党側だ」と述べた。共産党の志位和夫委員長は「憲法改正を国民の多数は望んでいない」と語った。

国民民主党の玉木雄一郎代表は「与野党が合意して広範な議論をできる環境を整えていくことが重要だ」と訴えた。公明党の山口那津男代表も「落ち着いて議論できる環境をつくるべきだ」と述べた。日本維新の会の松井一郎代表は憲法審査会での議論を加速すべきだと強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン