首相「改憲、議論の是非問う」 野党は賛否両論

2019/6/30 21:09
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は30日夜のインターネット番組で憲法改正について「立憲民主党や共産党の一部の野党が議論に応じていない」と語った。「議論をすることは私たちの責務だ。しっかり議論をするのか、しないのかを問うのが参院選だ」と述べた。

立民の枝野幸男代表は、改憲の手続きを定める国民投票法のテレビCMの規制の議論を優先すべきだと主張し「審議拒否をしているのは与党側だ」と述べた。共産党の志位和夫委員長は「憲法改正を国民の多数は望んでいない」と語った。

国民民主党の玉木雄一郎代表は「与野党が合意して広範な議論をできる環境を整えていくことが重要だ」と訴えた。公明党の山口那津男代表も「落ち着いて議論できる環境をつくるべきだ」と述べた。日本維新の会の松井一郎代表は憲法審査会での議論を加速すべきだと強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]