/

サニブラウン、着実な成長を証明した4日間

陸上日本選手権

男子200メートルのスタート直前、サニブラウンの表情はいつもと違ってみえた。「体力的にきつかった。集中しなきゃいけないと思って」。今大会は例年より1日多い4日間開催だったが、連戦の疲れは隠せなかった。

【サニブラウンが男子200も優勝 陸上日本選手権】

男子200メートル決勝 力走するサニブラウン・ハキーム。20秒35で優勝した=共同

雨が降り、向かい風1.3メートルという悪条件。それでも、トップは誰にも譲らなかった。スムーズに飛び出し、外側の小池を捉える。カーブでややふくれたものの、コーナーを抜けて先頭に立つと、腕を振って力強く進みゴールを駆け抜けた。「後半は間延びした。これが通用しないところ」と振り返ったが、後続の粘りを振り切る強さは群を抜いていた。

米国で磨いてきた走りを久々の日本で存分に見せた4日間だった。がむしゃらに「ただ走っているだけ」の2年前と比べて、「頭を使いながらラウンドをこなせた」。独自の道を歩み、着実に成長していることを証明する機会にもなった。

2年ぶりの2冠について感慨はそれほどないらしい。「2017年の自分ができたことなんで、もっと強くなって帰ってきた自分ができないわけがない」。常に世界の頂点を見据えているチャレンジャー精神こそ、強さの源だろう。

世界選手権に向けては「万全の状態で臨みたい。表彰台に到達するには過酷な道のりだが、そこまでねじ込めれば」と語った。20歳のスプリンターにはまだまだ伸びしろがある。(渡辺岳史)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン