/

トランプ氏、ツイッター外交で世界翻弄

【ソウル=永沢毅】30日の米朝首脳会談はこれまでの外交の常識を覆すトランプ米大統領のツイッターで始まった。

「もし金委員長がこれを見ているなら、非武装地帯(DMZ)で握手してあいさつする用意がある!」。20カ国・地域首脳会議(G20サミット)出席のため大阪に滞在していたトランプ氏は29日朝8時前にこう投稿し、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長にラブコールを送った。

午前10時半すぎから始まったサミット第3セッションの前、トランプ氏は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近づいて「ツイッター見た?」と尋ねた。文氏が「はい」と応じると、トランプ氏は「一緒に努力しよう」と言って親指を立てた。

トランプ氏は同日夕のサミット閉幕後の記者会見で、記者団から「金正恩氏は大統領のツイッターをフォローしているのか」と問われ「フォローしていると思う。なぜなら、すぐに反応があっただろう」と語った。会談は30日午後、金正恩氏への呼びかけから丸1日あまりで実現した。

日本の外交当局者らも今回の米朝会談の経緯を「ツイッターで知った」と口をそろえる。ツイッター上では今回の会談について、トランプ氏も金正恩氏もツイッターのユーザーだとして「世界最大のオフ会だ」と話題になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン