G20、大阪市内の交通量51%減 車自粛要請が奏功 府警

2019/6/30 19:09
保存
共有
印刷
その他

29日閉幕した20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)開催に伴う阪神高速道路などの大規模な交通規制が30日午後、解除された。大阪府警は同日、27~30日の大阪市内の交通量が通常と比べ51%減ったとの推計を発表。半減の目標を達成した。期間中に大きな混乱もなく、市民や企業に車の利用自粛を要請した府警などの対策が奏功した。2020年に迫った東京五輪・パラリンピックなどの交通対策にも参考となりそうだ。

G20大阪サミットが終わり、交通規制が解除される阪神高速道路の法円坂入り口(30日午後、大阪市)

大阪城近くの東大阪線法円坂入り口では午後1時半ごろ、警察官が封鎖を解除する作業などを行った。

大阪市内の交通量は一般道だけで1日約86万台に上り、サミット前後を含む27~30日の規制時間帯の交通量は大阪市内で51%減だった。削減率は一般道と高速道路で機器が感知した車の台数などを基に府警が推計。幹部は「懸念された大渋滞は起きなかった。官民一体で規制への協力機運を高める取り組みに一定の効果があった」とみる。

府警は27~30日、阪神高速道路の環状線を初めて全面封鎖。高速10路線の規制は約160キロに及び、要人が宿泊するホテル周辺の一般道も一時的に規制した。

府警が交通量半減を打ち出したのは、18年10月。経済界と連携し、宅配便の一部中止や建設現場での作業休止、営業車の利用抑制などの協力を要請した。市民向けには19年5月下旬以降、チラシ150万枚を配り、SNS(交流サイト)広告などを活用。府警の動画もインターネットでの再生回数が230万回を超えた。対策に力を入れた背景には、当初はG20開催や交通量削減目標の認知度が低迷したことへの危機感もあった。府警幹部は「正直言ってふたを開けてみないと分からない」と不安ものぞかせた。

開幕前日の27日には、大阪市内の幹線道路は閑散。タクシー運転手からも「ガラガラだ」との声が漏れた。府警は「予想外に走れそう」と思ったドライバーが28日以降に車を使う「反動増」も警戒したが、目立った混乱は起きないままサミット閉幕を迎えた。

もっとも、各国首脳らの行動が直前まで確定せず、高速の規制解除が事前告知より遅れたり、大阪市内の一部で一般道の規制が長時間になったりした。府警には「予定時刻を過ぎても規制が解除されない」「現場での迂回路の説明が足りない」などの苦情が寄せられており、規制で行動を制限された市民には不満の声もあったようだ。今後、市民に規制状況をリアルタイムで知らせる方法などが課題となる。

9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)、東京五輪・パラリンピック……。大規模な警備や交通規制が必要となる国際的な大規模イベントが続く中、大阪と同じ大都市で市民生活や経済活動への影響をできるだけ少なくしながら、交通規制や警備を敷くという課題は共通する。東京五輪での交通量削減目標は15%。テレワークや休暇取得などで企業の協力も不可欠とみられる。

警察幹部によると、G20での交通規制の成否は東京五輪関係者も注目していたという。府警幹部は「今回の交通規制の手法を検証し、反省点を含めてノウハウを継承できれば」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]