/

この記事は会員限定です

[社説]米中に翻弄されるG20では

[有料会員限定]

安倍晋三首相が議長を務めた20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)が閉幕した。国境を越える自由なデータの流通や海洋プラスチックごみの削減などでは結束を確認したものの、最も重要な貿易戦争の終結に力強いメッセージを発信できずに終わった。

「新冷戦」とも呼ばれる米国と中国の覇権争いに翻弄され、世界経済の安定を担うG20の責任を果たせなかったのではないか。日本が議長国をおりた後も、地球規模の課題に対処...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン