ホワイトカラーの能力、AIが診断 厚労省が開発へ

2019/6/30 17:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省は事務職などホワイトカラーの会社員の能力評価をするための人工知能(AI)を開発する。技術者らブルーカラーの職種と違い、資格が少ないホワイトカラーは能力を客観的に評価しにくかった。人材紹介会社と連携し、各社のノウハウやデータをAIで統合することで、転職を希望する人と企業のマッチングの精度を上げる。

2019年度予算に予備調査の費用として3千万円を計上。20年度から本格的な開発に移る。

予…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]