/

サニブラウンが男子200も優勝 陸上日本選手権

陸上の日本選手権最終日は30日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子200メートル決勝はサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が20秒35で2年ぶりに制し、100メートルとの2冠も2年ぶりに達成した。雨が降り、向かい風も強い悪コンディションで、期待された末続慎吾が2003年に出した日本記録(20秒03)の更新はならなかった。

男子200メートルで優勝したサニブラウン(右)と2着の小池

サニブラウンは6月の全米大学選手権で日本歴代2位となる20秒08をマーク。今大会は予選を全体2位の20秒84で通過していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン