/

トランプ氏、韓国財閥首脳に投資拡大要請

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国を訪問中のトランプ米大統領は30日、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長ら韓国財閥の首脳と懇談した。トランプ氏は韓国企業による対米投資に謝意を示す一方、「日本からの投資も拡大している」と指摘。韓国企業によるさらなる投資拡大を要請した。

懇談会には李氏のほか現代自動車の鄭義宣(チョン・ウィソン)総括首席副会長、SKの崔泰源(チェ・テウォン)会長、ロッテの辛東彬(シン・ドンビン)会長ら、大手財閥トップがそろって出席した。

トランプ氏はロッテの辛氏の名前を挙げ、「先月ワシントンを訪問し、3兆6000億ウォン(約3400億円)の投資を約束してくれた」と謝意を伝えた。サムスンや現代自、SK、斗山などの企業名も挙げ「これらの企業を率いる素晴らしい人々が米国に投資してくれ、雇用創出にも一役買ってくれた」とたたえた。

ただ、トランプ氏は日本企業による積極的な投資にも言及。米国経済の好調ぶりを自賛しつつ、「いまほど投資に適切なタイミングはない」と述べ、さらなる投資を促した。

経済人との会合ではトランプ氏が華為技術(ファーウェイ)問題について言及するとの観測があったが、冒頭の演説では触れなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン