サッカー

FC東京、巧みに速攻 首位攻防戦で大勝

2019/6/29 23:19
保存
共有
印刷
その他

後ろを顧みずに前に出る横浜Mは、攻から守にひっくり返されると弱い。両SBは高い位置取り、特に右の和田はポジションに縛られず動くだけに、その裏は気前が良すぎるほどに空く。FC東京がそこを突いた。

【FC東京、G大阪が勝つ J1】

FC東京―横浜M 前半、勝ち越しゴールを決めるFC東京・永井。右は横浜M・遠藤=共同

FC東京―横浜M 前半、勝ち越しゴールを決めるFC東京・永井。右は横浜M・遠藤=共同

ボールを奪っていったんサイドに出し、足場に逆へ振る。サイドを壁にした壁パスのように、スペースへの2本のパスで手早くゴールを陥れたのが永井による2得点目だった。3点目も右へ展開し、高萩がもう一度右へ運ぶかと見せて、裏をかいて左の空き地へ出す心憎いパスから。攻略がはまって今季最多4得点だ。

ペナルティーアーク付近に通せんぼするかのごとくブロックを敷き、横浜Mの攻めを足止めする。そこから返す刀で逆襲。裏を空ける横浜Mにすれば、速い永井と馬力あふれるディエゴオリベイラを突きつけてくるFC東京の2トップはどうにも相性がよろしくない。

敗れれば、FC東京は勝ち点で並ばれるだけでなく3連敗となるところだった。5月18日まで無敗のチームが久保の移籍が決まった途端に負けだし、「すわ」と外野が騒がしくなりかけていた。

久保の非凡なタッチは「東京スタイル」に奥行きを与えていた。「たかが1ピース、されど1ピース。彼のつくるタメ、意外性はなかなか補えない」と長谷川監督の本音が漏れる。ただ、「久保ロス」は彩りの喪失で済む。永井とディエゴオリベイラが壊れるとシステム自体が立ちゆかない。

長谷川監督もこの一戦に懸けていた。「点は取られてもいい。マリノスはマリノス、うちはうちで、いいところを全部出して負けたなら仕方ないと思っていた」。その覚悟は武器を純化したようで、2トップと走力を伴う速攻で上位を打ち砕いた。(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

8―2で大勝したバルセロナとの準々決勝で、2得点したBミュンヘンのミュラー=右(14日、リスボン)=ロイター

 【ベルリン=共同】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日、リスボンで準々決勝の1試合が無観客で行われ、7シーズンぶりの優勝を狙うバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が8―2でバルセロナ(スペ …続き (8:47)

 J1鹿島は14日、新型コロナウイルスのPCR検査で選手とチーム関係者全60人が陰性だったと発表した。
 多数の感染者が出てクラスター(感染者集団)となった鳥栖と8日に対戦していたため、13日に行われた …続き (14日 20:16)

調整するFC東京・室屋。ドイツ2部リーグ、ハノーバーへの移籍が発表された(東京都小平市)=同クラブ提供・共同

 J1のFC東京は14日、DF室屋成(26)がドイツ2部リーグのハノーバーに移籍すると発表した。15日の名古屋戦がFC東京での最後の試合になる。室屋はクラブを通じ「東京での経験を糧にチャレンジしてきま …続き (14日 11:07)

ハイライト・スポーツ

[PR]