トランプ氏、日米安保条約「不公平」 破棄は考えず

2019/6/29 21:40 (2019/6/30 0:01更新)
保存
共有
印刷
その他

トランプ米大統領は29日の記者会見で、日米安全保障条約について「不公平な合意だ。もし日本が攻撃されれば、私たちは日本のために戦う。米国が攻撃されても日本は戦う必要がない」と不満を表明した。その上で「変えないといけないと伝えた」と述べ、日本に見直しを求めていることを明らかにした。ただ、破棄は「全く考えていない」と否定した。

トランプ氏は「この6カ月間、安倍晋三首相に言ってきた」と条約への不満を首相に伝えてきたと説明。「もし私たちが日本を助けるのなら、日本も私たちを助けないといけない。首相はそれを分かっているし、異論はないだろう」と語った。

日米安保条約は米国による対日防衛義務を定めた内容で、日本は代わりに米軍基地を提供している。米ブルームバーグ通信は24日、トランプ氏が私的な会話で安保条約の破棄に言及したと報じていた。

トランプ氏の発言は安保を取引材料にちらつかせ、日本との貿易交渉を優位に進める狙いがありそうだ。

野上浩太郎官房副長官は29日の大阪市内での記者会見で、トランプ氏の発言について「日米安保条約の見直しや同条約が片務的であるといった点も含め、今回の首脳会談で日米間の安保や防衛問題に関するやり取りは一切なかった」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]