日ロ交渉、安保が壁 プーチン氏「再来日検討」
平和条約巡り56年宣言は堅持

2019/6/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領の29日の首脳会談は北方領土問題を含む平和条約交渉で大きな進展はなかった。平和条約締結後の色丹島と歯舞群島の引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言を交渉の基礎とする方針は堅持した。プーチン氏は会談前に年内の再来日を検討する考えを示したが、ロシアは安全保障を理由に米国と同盟関係にある日本への要求水準を上げている。

首脳会談に先立ち、かつて平和条約交渉に携わっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]