/

この記事は会員限定です

悩む中小企業、中国マネーに活路 買収が過去最高

[有料会員限定]

後継者不足や販売不振に悩む日本の中小企業に、中国マネーが流入している。中国企業による日本の未上場企業へのM&A(合併・買収)件数は2018年に25件で過去最多となった。買収された中小企業はアジアに販路を築くなどして息を吹き返す例もある。一方、米中貿易戦争の影響が読めないほか、日本のものづくりを支えてきたサプライチェーン(供給網)の作りかえを求められる。

神奈川県大和市の企業団地の一角に電子部品メー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン