2019年9月23日(月)

日本、IWC脱退 商業捕鯨7月に再開

2019/6/30 0:01
保存
共有
印刷
その他

政府は30日、クジラの資源管理を話し合う国際機関である国際捕鯨委員会(IWC)から正式に脱退した。1988年以降中断していた商業捕鯨を7月1日から31年ぶりに再開し、日本の領海や排他的経済水域(EEZ)でミンククジラなどの漁を始める。今後は国際社会からの理解や鯨肉の消費拡大が焦点となる。

調査捕鯨で捕獲された2頭のミンククジラ

【関連記事】商業捕鯨再開の日本、19年捕獲枠は220頭前後

IWCを巡って政府は、反捕鯨国との間でクジラの資源利用を巡る考え方の溝が埋まらないとし、昨年末に離脱を通知した。6月30日に離脱の効力が発生した。

これを受け、民間事業者などは山口県下関市を基地にした沖合捕鯨と、北海道網走市、同釧路市、青森県八戸市、宮城県石巻市、千葉県南房総市、和歌山県太地町を拠点とした沿岸捕鯨を展開する。対象鯨種はミンククジラやニタリクジラ、イワシクジラとする。これまで実施していた調査捕鯨は終了する。

7月1日には、山口県の下関港から母船式捕鯨を手掛ける日新丸船団が沖合捕鯨に出港する。北海道の釧路港からも沿岸捕鯨を手掛ける小型捕鯨船が出港を予定している。

【関連記事】
IWC、日本なぜ脱退? 強まる反捕鯨色を疑問視
商業捕鯨7月に31年ぶり再開 関係各地に期待と懸念
IWC脱退、クジラをめぐる日本の迷走なお
商業捕鯨盛んになる? 少ない国内需要、参入見込めず
IWC脱退、商業捕鯨再開へ異例の決断 外交に影響も
「保護の努力に背く」、IWC脱退方針に海外から批判
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。