/

トランプ氏「トルコ制裁検討」、ロシア製兵器導入なら

トランプ米大統領は29日、トルコのエルドアン大統領と大阪市内で会談した。米ホワイトハウスによると、トランプ氏はトルコによるロシア製地対空ミサイルシステム「S400」の配備問題について懸念を表明した。トルコが米国の反対にもかかわらず配備を強行した場合に制裁を課す可能性について記者団から問われると「検討している」と述べた。

29日、G20大阪サミットに合わせて会談したトランプ氏(右)とエルドアン氏=ロイター

ただ、オバマ前政権が米国製ミサイルシステムのトルコへの供与に応じなかった経緯に触れ、トルコ側に同情的な考えも示した。将来のトルコ訪問への意欲も語ったが、時期には触れなかった。会談は20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて開いた。

エルドアン氏はトランプ氏との会談に先立ち、ロシアのプーチン大統領と会い、「S400」の配備について「遅れはない」と明言した。納入は7月に始まる予定だ。

米国とトルコは北大西洋条約機構(NATO)を通じた同盟関係にある。米国はトルコを通じたロシアへの機密漏洩などを懸念している。米国が対トルコ経済制裁に踏み切れば、米国人牧師の拘束問題を原因に通貨が急落した昨夏の「トルコショック」が再燃する恐れもある。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン