ドイツ銀、最大2万人削減へ 米紙報道

2019/6/29 1:32
保存
共有
印刷
その他

経営再建を急ぐドイツ銀行のゼービングCEO=ロイター

経営再建を急ぐドイツ銀行のゼービングCEO=ロイター

【ベルリン=石川潤】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は28日、経営再建中のドイツ銀行が最大2万人規模の人員削減を検討していると報じた。ドイツ銀行の従業員は約9万人で、これまでも人員削減を進めてきたが、経営立て直しには一段のリストラが必要との声が高まっていた。人員削減は米国の投資銀行部門が中心になる可能性が高い。

ドイツ銀行は2018年に4期ぶりの最終黒字に転じたが、米欧のライバル銀行に比べて低い収益力の回復が課題になっていた。ゼービング最高経営責任者(CEO)は5月の株主総会で「大胆な縮小の準備はできている」と語り、経営の不安定要因になっている投資銀行部門を大幅に縮小する姿勢を示していた。

すでに同部門を中心に、リスクが高く十分な収益を得られない資産を銀行本体から受け皿会社などに切り離す案が浮上している。今回報じられた人員削減もこうした動きに沿ったもので、実際に決まれば、1年以上かけて1万5千~2万人程度のリストラを進めていくとみられている。

ドイツ銀は同じ独銀行大手のコメルツ銀行との統合交渉が破談となり、単独での再建が求められている。近く具体的な再建策を発表するとみられており、市場の注目が集まっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]