2019年7月20日(土)

ニュータウンに縄文の記憶 多摩丘陵(東京)

今昔まち話
コラム(社会)
2019/6/29 13:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京都の稲城、多摩、八王子、町田の4市にまたがる3000ヘクタールの丘陵に新都市「多摩ニュータウン」を造る計画が決まったのは1965年12月のことだ。東京都埋蔵文化財センター(多摩市)の調査担当課長、山口慶一さん(61)は「東京への人口集中が激しくなった当時の住宅難は深刻でした。家とは呼べないようなところに住んでいる人がたくさんいた」と話す。

逼迫する住宅需要に対応する高度成長期の大規模開発計画…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。