博多港にアカカミアリ10匹 有毒の特定外来生物

2019/6/28 22:26
保存
共有
印刷
その他

環境省は28日、福岡市の博多港に陸揚げされたコンテナの中から、有毒の特定外来生物アカカミアリ約10匹が見つかったと発表した。いずれも働きアリで、殺虫処分した。人がかまれるなどの被害はなかった。

環境省によると、27日に博多港で空のコンテナを洗浄していた作業員が発見し、福岡市に通報。鑑定でアカカミアリと判明した。コンテナは6月12日にベトナムのサイゴン港から積まれ、21日に博多港に陸揚げされた。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]