/

トイレに拳銃一時置き忘れ G20派遣警察官

大阪府警は28日、G20サミット警備のため島根県警から派遣された20代の男性巡査が大阪国際(伊丹)空港に隣接するビルのトイレに拳銃を一時置き忘れたと発表した。直後にビル管理会社の社員が見つけ、巡査の同僚警察官に届け出た。拳銃には実弾が入っていたが、発射された形跡はなかった。

府警によると、ビルは空港の関連施設で、派遣警察官の待機場所があった。巡査は同日午後1時半ごろ、休憩中にトイレを利用。拳銃や手錠などを付けた革製のベルトを個室の棚に置き忘れた。5分後に社員が発見し、同僚警察官が回収した。巡査は伊丹空港の警備などに当たっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン