/

ナンバ、新冷工業をグループ企業に 資本・業務提携

冷凍設備の設計・施工などを手掛けるナンバ(新潟県長岡市)は28日、同業の新冷工業(新潟市)と6月3日付で資本・業務提携したと発表した。ナンバの全株式を持つ一般社団法人ビジョナリー(長岡市)が新冷工業の全株式を取得し、同社はナンバのグループ企業になった。

新冷工業の社長はナンバの難波俊輔社長が兼務。新冷工業の竹田俊郎前社長は顧問に退いた。株式の取得額は非公表。人手不足を背景に技術者の確保が課題になっており、グループ一体で技術者の採用に当たる。営業活動での相乗効果の創出も狙う。

新冷工業は事業承継問題に直面していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン