/

若鶴酒造、ウイスキーの樽オーナー200人募集

若鶴酒造(富山県砺波市)は7月1日から、ウイスキーの樽(たる)オーナーを募集する。1口2万7000円で計200人を集め、2樽の所有者になってもらう。今夏に蒸留するウイスキーを詰め、5年間熟成させた上で各オーナーに瓶詰めしたウイスキーを配布する。

樽オーナー制度は2018年に開始した。今年は高岡銅器の鋳造技術を生かした新しい蒸留器で造る原酒を熟成させる。オーナーになる場合は同社の特設ホームページから申し込む。8月12日にはオーナー限定の蒸留所見学会も開く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン