言葉の沼を楽しみつ 夏井いつき

エッセー
2019/7/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

我が本拠地は俳句の都松山。四国愛媛県の県庁所在地だ。ここから「俳句の種を蒔(ま)く」ために全国各地を巡る。近隣であれば、しまなみ海道を走って本州に入ることもあるが、基本的には飛行機を使うことが多い。

松山空港からプロペラ機に乗る。私たちにとって飛行機の中は仕事場だ。マネージャーという名の夫ケンコーさんは、機内Wi-Fiが使えるようになればメールを確認し始める。私もテーブルが使えるようになれば資料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]