2019年8月24日(土)

「香港あっての中国」どこへ 北京が恐れるマネー逆流
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
Deep Insight
本社コメンテーター
2019/6/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港は東京やシンガポールと並ぶアジアの金融都市だ。「マネー」を糸口に検証すると、香港の大規模デモの注目すべき断面が浮き上がる。「香港あっての中国経済」という、1997年に英国が中国に返還して以来、中国経済の成長を支えた構図が揺らいでいる。

香港政府が目指す「逃亡犯条例」の改正に反発し、9日に103万人、16日に200万人がデモをしたが、香港株の指標であるハンセン指数は底堅かった。だが水面下では、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

梶原 誠

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

本社コメンテーター

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。