/

この記事は会員限定です

3Dの技術活用 アジアは注力を ビベク・パタク氏

国際金融公社東アジア太平洋地域担当ディレクター

[有料会員限定]

店に入り、体をスキャンして採寸し、自分だけの服を着て外に出る。3次元(3D)プリンティングの技術が進化すれば、絵空事ではない。ファッション産業では、一流デザイナーが独占していた3Dプリンターが普及し、ショーでしか見られなかった服がインターネットで販売されるまでになった。デジタル革命は、新興国の雇用創出や経済成長、起業家精神に大きな影響を及ぼすことができる。

中東ヨルダンでは、非政府組織などが3Dの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン