/

この記事は会員限定です

社債、好需給の裏に金融規制

[有料会員限定]

国内社債市場で空前の好需給が続いている。歴史的な高水準の社債発行でも難なく吸収できるほど需要が強い。米利下げ観測の台頭による環境変化に加えて、金融規制への対応が直接・間接に投資家を社債に向かわせている構図だ。

「ここ数年で一番といってよいほど、社債の需給が引き締まっている」。アセットマネジメントOneの加藤晴康氏は驚きを隠さない。好需給を象徴する銘柄が武田薬品工業のハイブリッド債だ。当初金利1.72%で6日に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1156文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン