2019年9月16日(月)

成田空港の連絡バス 車体に五輪・パラマスコット

2019/6/28 18:31
保存
共有
印刷
その他

成田国際空港会社(NAA)はターミナル間移動用の無料連絡バスのデザインを、順次、2020年の東京五輪・パラリンピック仕様に変更する。27日から大会の公式マスコット「ミライトワ」と「ソメイティ」と桜などをデザインした1台の運行開始した。年内に全14台の車体を五輪・パラデザインに塗り替え、大会機運を盛り上げる。

成田空港の連絡バス

連絡バスはNAAが委託運行しており、3~20分間隔で成田空港の3つの旅客ターミナル間を結んでいる。1台目に続き、今後は月2台ペースで五輪・パラ仕様の連絡バスを増やしていく予定だ。

連絡バスは早朝から深夜まで1日当たり1000便程度を運行しており、利用者は同約1万5000人。五輪・パラのマスコットをデザインした車両は大会閉幕まで運行を続ける予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。