/

この記事は会員限定です

[社説]日中は新たな戦略的関係探れ

[有料会員限定]

安倍晋三首相は就任後、初来日した中国の習近平国家主席と大阪市で会談し、来春に習氏が国賓として再来日する方向で一致した。2012年の沖縄県・尖閣諸島国有化で悪化した関係がようやく軌道に乗ったことを歓迎したい。

20カ国・地域首脳会議(G20サミット)への参加が目的とはいえ、中国国家主席の来日は実に9年ぶりである。首相は会談に続き夕食会も開くなど、他国首脳とは違う形で習氏を厚遇した。

半面、最近の日中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン