/

この記事は会員限定です

G20、夕食会で狂言披露 メニューに被災地食材も

夫人らは京都・東福寺でお茶会

[有料会員限定]

20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)では随所で日本ならではのおもてなしを施した。安倍晋三首相が主催した夕食会では狂言師の野村萬斎さんの演技やピアニストの辻井伸行さんの演奏などを披露し日本文化の精神や魅力を発信した。

夕食会メニューでは岩手県産の十六穀米とまいたけの炊き込みご飯など東日本大震災の被災地の食材も使用した。G20の一部の国が続ける食品輸入規制の緩和につなげる狙いがある。

ワーキン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン