2019年9月21日(土)

日本のグローカルアート十選(1) 福田平八郎「水」
武蔵野美術大学教授 新見隆

美の十選
2019/7/1 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ローカル(地域、身近なもの)を大事にしながらグローバル(世界のありかた)につながる。そんな「グローカル」精神を宿した作品を追っていく。

日本文化の本質、それは「水」だ。高温多湿の風土で育まれた気質や、独特の「淡やかな」感受性。変化し定まらない、はかない風情を愛する「もののあわれ」が宿る。

大分県に生まれ、京都で日本近代美術をリードした福田は日本画の革命児だ。昭和初期、銀地に紺だけで波を描いた「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。