自治体業務、AIで効率化 作業時間短くサービス向上

2019/6/30 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全国の自治体で人工知能(AI)を活用し、業務を効率化する取り組みが広がっている。休日返上で長時間かかっていた業務が数秒で済むようになるなど、効果は大きい。民間企業と同様に迫られる職員の働き方改革にも対応しながら、住民サービスの向上にもつなげたい考えだ。

東京都墨田区が2018年7月に導入した「ごみ分別案内ボット」は、AIチャットボットによる自動応答システムだ。画面に文言を打ち込むと、AIが回答を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]