バス・鉄道・タクシー組み合わせて定額 ウィラーが実験
【イブニングスクープ】

2019/6/28 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

高速バス大手のWILLER(ウィラー、大阪市)は、2020年秋にも定額で複数の移動手段を使い決済までできる国内初のサービスに乗り出す。まず京都府北部で始める。利用料は月に5000円前後になる見通し。都市部の交通渋滞の解消や過疎地の交通手段の確保につながる。また環境負荷の軽減や公共交通機関の運用効率の向上が見込める。先行する欧州に倣い、日本でも導入の動きが広がりそうだ。

自家用車に頼らず、公共交通…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]