NEC、約4年ぶり高値 構造改革にメド

2019/6/28 20:30
保存
共有
印刷
その他

28日の東京株式市場でNECの株価が一時、前日比5%(185円)高の4245円まで上昇し、2015年4月以来、4年2カ月ぶりの高値を付けた。アナリストによる投資判断の引き上げが買いのきっかけとなった。長年続いた構造改革にメドがつきつつあり、業績改善が期待されている。終値は180円高の4240円。売買代金は前日に比べて3.5倍に増えた。

大和証券は27日付リポートで、投資判断を5段階中のトップに1段階引き上げ、目標株価も4400円から8100円とした。上野真チーフアナリストは「構造改革は2019年3月期中に一巡し、一部の効果は顕在化している」と話す。課題の海外事業も20年3月期の黒字化を見込む。

半導体やパソコン、電池、液晶など数多くの事業を抱えていたNECはこの10年、不採算事業や合弁ビジネスからの撤退を繰り返し、構造改革費が収益を圧迫してきた。今期は一巡し、20年3月期の連結営業利益は前期比88%増を見込む。

株価は昨年末から3割上昇したものの、予想PER(株価収益率)は17倍前後にとどまる。世界的に情報システムやソフトウエアの関連株が買われる流れで、同業のNTTデータ野村総合研究所は22倍まで高まっている。構造改革の効果次第で、上値余地があるとの見方が多い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]