/

この記事は会員限定です

どうする介護現場のハラスメント 村木厚子氏に聞く

[有料会員限定]

介護職員へのハラスメント対策が急務となっている。厚生労働省は有識者会議を設け、相談窓口の設置など介護事業者がどう対応すべきかまとめたマニュアルを策定した。その狙いについて、会議で委員長を務めた津田塾大の村木厚子客員教授に聞いた。

ハラスメント受けた2~4割が「仕事を辞めたい」

――マニュアル策定にあたり、実態を調査した。

「訪問介護で利用者からハラスメントを受けたことがある職員は50%、福祉施設では71%に及ぶなど、深刻な状況がわかった。ヘルパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1539文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン