いまなお根強く残る偏見と差別 ハンセン病巡る経緯

2019/6/28 14:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本のハンセン病隔離政策は1907年に明治政府下で制定された「癩(らい)予防ニ関スル件」以降、同法を引き継いだ「らい予防法」が廃止される1996年まで90年近く続いた。戦後に治療法が確立されてからも強制隔離は続き、旧優生保護法に基づく不妊・中絶手術も行われた。

患者らの救済が大きく動いたのは、隔離政策の違憲性を認め、元患者らが全面勝訴した2001年の熊本地裁判決がきっかけだ。国は控訴せずに判決を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]