/

高島忠夫さん死去 88歳、俳優やテレビ司会で活躍

共同

映画、舞台俳優に加え、テレビ番組の司会としても長く活躍し、俳優一家で知られた高島忠夫(たかしま・ただお、本名=高嶋忠夫=たかしま・ただお)さんが6月26日午後1時1分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。88歳だった。告別式は近親者で行った。

神戸市出身。関西学院大在学中に新東宝に合格。大学中退後、1952年に映画「恋の応援団長」でデビュー。「坊ちゃん」シリーズをはじめ、映画スターとして長く活躍した。63年の「マイ・フェア・レディ」などミュージカルにも出演して好評を博し、ジャズミュージシャンとしても活動した。

70年代からは主にテレビ番組の司会や映画解説者として活躍。日本テレビ系の「ごちそうさま」やフジテレビ系「クイズ!ドレミファドン!」の司会、同系の「ゴールデン洋画劇場」の案内役などを務め、お茶の間に親しまれた。

妻は「ごちそうさま」で共演した元宝塚スター、寿美花代さん。息子2人の高嶋政宏氏、政伸氏も舞台やテレビで活躍するなど、俳優一家としても知られた。家族でレンズ付きフィルムのCMに出演し、話題となった。

98年にうつ病を発症、家族の支えによる回復が話題になった。

 写真に納まる(左から)高島忠夫さん、次男の政宏さん、妻の寿美花代さん(1988年10月、東京都内)=共同

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン