/

気候変動など「対策に遅れ」 国連事務総長が警鐘

国連のグテレス事務総長は28日、20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の開幕に合わせ、会場内で記者会見した。地球規模の気候変動と国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」を巡る対策が「遅れている」と危機感を表明し、G20を含む国際社会の取り組みの強化を求めた。

米国とロシアの核軍拡競争が激化する懸念が強まっている問題で、グテレス氏は「重大な懸念を持っている」と述べた。2021年に期限切れとなる米国とロシアによる新戦略兵器削減条約(新START)延長協議などを通じた歩み寄りと核不拡散体制の強化を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン