/

この記事は会員限定です

動けない投資家、円は対ドルで膠着 米中会談を見極め

経済部 安西明秀

[有料会員限定]

28日の東京外国為替市場では、円が対ドルで1ドル=107円70銭近辺で推移し、動きが乏しい展開になっている。午前中の日米首脳会談で大きな驚きはなかったうえ、投資家の関心は週末の米中首脳会談に向けられている。投資家は様子見姿勢を強めている。

28日午前の東京市場で、円は1ドル=107円60~80銭程度の水準で動いた。午前に開かれた日米首脳会談で「為替への言及がなかった」と伝わった10時30分ごろから...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り432文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン