/

漁業者側弁護団「他の訴訟 左右しない」諫早湾干拓 最高裁決定で

国営諫早湾干拓事業(長崎県)の潮受け堤防排水門の閉めきりで漁業被害を受けたとして長崎・佐賀両県の漁業者らが国に開門を求めた訴訟で、最高裁が26日付で原告側の上告を退ける決定をしたことを受け、漁業者側の弁護団が28日、声明を発表した。

判断について「最高裁不当決定には心からの憤りを禁じ得ない」と強調。別原告による下級審での裁判が続いていることについて「他の開門訴訟を何ら左右するものではない」と訴えた。

また、営農者の一部からも開門の必要性があるとの意見があるとして、国に対して「開門を巡る紛争の合理的な解決のための和解協議がますます必要になった。対立をあおってきた責任を踏まえ、各当事者の利害を踏まえた真の和解を受け入れるべきだ」と求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン