[FT・Lex]ライアンエアー、合意なき離脱なら苦境一段と

FT
2019/6/28 12:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

格安航空会社(LCC)は、1990年代の欧州の航空自由化を受けて離陸したが、英国の欧州連合(EU)離脱によって、欧州統合主義者の夢は運航を止められてしまった。このため、アイルランドのダブリンに本社があるLCCのライアンエアー・ホールディングスはスリム化を進めている。26日には、英国株主のベースを減らすため7億ユーロ(約860億円)の自社株買いについての条件を修正する可能性があると発表した。合意な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]