ベネッセ本体に初の賠償命令 情報漏洩事件で東京高裁

2019/6/28 11:07
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2014年に発覚したベネッセコーポレーションの顧客情報流出事件の被害にあった顧客2人が損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁(萩原秀紀裁判長)は28日までに、同社と関連会社「シンフォーム」に1人当たり2千円の支払いを命じた。同事件でベネッセ本体に賠償命令が出るのは初。個人情報の漏洩被害への損害賠償を広く認める姿勢を示した。

18年6月の一審・東京地裁判決は、ベネッセの過失責任を認める一方で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]