デンマーク首相に41歳女性 史上最年少、中道左派

2019/6/28 9:42
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=竹内康雄】北欧のデンマークで社会民主党(中道左派)のフレデリクセン党首(41)が27日、首相に就任した。同国の歴史では最も若い首相という。左派勢力の閣外協力を得て、単独少数政権を発足させた。選挙戦で掲げていた大胆な気候変動政策や社会福祉サービスの拡充などの実現をめざす。

デンマーク首相に就任したフレデリクセン氏(右)=ロイター

5日投開票された総選挙(定数179)で、社会民主党は48議席を獲得して第1党となった。左派系の他党の協力を得て、過半数を確保し、中道右派政権から4年ぶりの政権交代を実現した。

連立協議では、社会民主党が公約にしていた移民流入の厳格化を巡って難航した。ほかの左派系政党が難色を示したためで、社会民主党が移民規制を当初案よりもやや緩めることで折り合った。

中道右派のラスムセン前首相時代に、緊縮財政の一環で削られた教育や福祉面での拡充も進める。北欧では今年に入って相次いで左派系政権が発足している。デンマークのほか、スウェーデンとフィンランドで、欧州債務危機で実施された緊縮財政への不満を反映しているとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]