/

この記事は会員限定です

排出枠移転で対立 国連温暖化交渉、合意を持ち越し

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】国連の気候変動に関する会合は27日閉幕し、地球温暖化対策の合意を年末の閣僚会合に持ち越した。各国間で排出枠を取引する制度を巡り対立している。「パリ協定」の適用が始まる2020年まで約半年となり、年末までに合意できなければ企業活動や排出削減目標の達成に影響する可能性がある。

ドイツのボンで17日から開かれていた国連の実務者会合は、19年末にチリで開く第25回国連気候変動枠組...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り680文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン