2019年8月24日(土)

バイデン氏「富裕層減税やめる」 米民主が討論会
格差是正巡り論戦火ぶた

トランプ政権
米大統領選
2019/6/28 5:00 (2019/6/28 12:25更新)
保存
共有
印刷
その他

民主党討論会に登壇したバイデン氏(左)とサンダース氏(マイアミ、27日)=AP

民主党討論会に登壇したバイデン氏(左)とサンダース氏(マイアミ、27日)=AP

【マイアミ(米南部フロリダ州)=中村亮】2020年11月の米大統領選に向けて野党・民主党は27日、候補者による2日目のテレビ討論会を開いた。世論調査で首位を走るバイデン前副大統領や2位のサンダース上院議員が登場し、トランプ大統領が進める政策が経済格差を広げていると異口同音に批判した。環境や外交政策を巡っても論戦を繰り広げた。

バイデン氏は討論会の冒頭で「この国を担っているのは中間層だ」と強調したうえで、「トランプ氏は我々をひどい状況に導いた。巨大な貧富の格差が生まれた」と指摘した。トランプ政権下の大型減税に触れて「私は富裕層に対する減税をやめる」と訴えた。

最も重視する政策を問われ、温暖化対策だけでなく「トランプ氏を倒すことだ」と応じた。

【関連記事】
トランプ陣営vs民主、マイアミで早くも火花
米民主討論会2日目、LGBT候補も注目 10人の横顔
ウォーレン氏「構造変化で格差是正」 1日目討論会

左派の急先鋒(せんぽう)のサンダース上院議員もトランプ氏を「労働者のために仕事をしていない」と批判した。持論の国民皆保険制度で「増税になるが、医療費負担も軽くなり大半の人のトータルの負担は低くなる」と主張し、低所得者対策の重要性を強調した。同氏は討論会直前、学生ローンを帳消しにする政策も打ち出した。

移民政策を巡っては移民系の両親を持つハリス上院議員が、トランプ氏が廃止するとした幼少期に親と不法入国した若者の強制送還を猶予する措置「DACA」に触れ、「大統領就任初日に再開する」と断言した。ハリス氏は温暖化問題を軽視するトランプ氏を「事実ではなく虚構を信じている」と痛烈に批判した。

外交政策を巡り、バイデン氏は「同盟関係を修復する」として北大西洋条約機構(NATO)との協力強化が重要だと訴えた。中国への対応ではインディアナ州サウスベンド市長のブティジェッジ氏が中国政府が国民の監視のために最新技術を使っているとして「脅威は深刻だ」と説明した。

民主党内で大統領候補を絞り込む作業は20年2月のアイオワ州の党員集会で始まる。各州で予備選や党員集会が集中する3月の「スーパーチューズデー」で山場を迎え、7月の民主党全国大会で大統領候補が正式指名される段取りだ。テレビ討論会は今後もほぼ毎月開く予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。