/

この記事は会員限定です

高度IT教育 軽視のツケ(真相深層)

[有料会員限定]

都道府県が高校の授業で「情報科」を教える教員の採用を急いでいる。2022年度のプログラミング必修化や24年度の大学入学共通テストの科目になる可能性に備えるためだが、情報科は03年度にすべての高校生が学ぶ必修科目になっていた。人材確保をめぐる慌てぶりは、日本が国を含めて人工知能(AI)やデータビジネスに欠かせない情報教育を軽んじてきたツケの表れでもある。

「高校で情報のプロを求めています」。5月下旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1460文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン