/

この記事は会員限定です

実は酒どころ栃木 21世紀発祥「下野杜氏」が活躍

[有料会員限定]

酒どころと聞いて思い浮かべるのは、生産量が多い関西の灘・伏見だろうか、それとも銘酒の蔵元がひしめく秋田や新潟か。実は高品質の酒の産地として近年、とみに評価を高めているのが栃木県だ。その一因が2006年に資格認証が始まった「下野杜氏(しもつけとうじ)」の活躍。若手の下野杜氏も相次ぎ誕生し、手を携えて21世紀の酒造りに挑む。

「おめでとう」。外池酒造店(益子町)の下野杜氏、小野誠さん(38)が受けた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン