/

この記事は会員限定です

米企業、守りの株主還元 自社株買い最高

貿易戦争で投資及び腰、減税効果を減殺

[有料会員限定]

【ニューヨーク=宮本岳則】米企業が株主還元への傾斜を強めている。アップルやシスコシステムズなど、2019年に入って自社株買い枠を兆円単位で積み増す動きが相次ぐ。トランプ政権の税制改革で企業の余裕が増し、主要社の自社株買いは19年も過去最高を更新する見通し。米中貿易戦争が長引くなか、成長投資に慎重になっている面も大きい。守りの姿勢が余剰資金を株主還元に向かわせる構図だ。

米株式市場では新たな自社株買...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1450文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン