丸果石川中央青果、穴水町で農業参入 生産販売一貫で

2019/6/27 20:00
保存
共有
印刷
その他

青果の卸売りを手掛ける丸果石川中央青果(金沢市)は27日、子会社を通じて石川県穴水町で農業に参入したと発表した。地元のJAと連携して農地や人材を確保して、アスパラガスやカボチャを生産する。農業の担い手が減少する中、生産と販売を一気通貫で手掛けることで商品の安定確保につなげる。

2018年に設立した農業法人ファーム菜四季(同)を通じて、昨年から試験的に自社でカボチャを栽培してきたが今後、ビニールハウスでアスパラガスの生産も始める。5年間で約10ヘクタールの土地を借りて野菜を生産する。

7月にJAおおぞら(穴水町)からファーム菜四季へ出資を受けて連携を深める。アスパラガスの委託栽培を担う農家を仲介してもらうほか、農閑期にはJAでの加工作業を社員が受託できるようにして通年雇用を実現する。

生産した野菜はJAおおぞらを通じて、丸果石川中央青果が県内外のスーパーなどに販売する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]