ビジネス紛争 日本で解決 東京・大阪に国際仲裁拠点
関連ルール整備進む 企業の海外進出後押し

2019/6/30 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

グローバル企業のビジネス紛争解決手段として定着しつつある国際仲裁を、日本で行うための動きが広がってきた。東京・大阪に専用施設を設け、関連する法律などルール整備の議論も進む。国内で慣れ親しんだ制度を使ってトラブルを解決することができれば、日本企業の国際化を側面支援することになりそうだ。(編集委員 瀬川奈都子)

今年3月、大阪市に開設された国際仲裁施設で初の審問が行われた。ベトナムでの水力発電関連の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]