/

首相、来春の国賓来日を要請 習氏「いいアイデアだ」

日中首脳会談

(更新)
中国の習近平国家主席(右端)と会談する安倍首相(27日、大阪市)=代表撮影

安倍晋三首相は27日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と大阪市内のホテルで会談した。首相は「来年の桜の咲くころに習主席を国賓として迎え、日中関係を次の高みに引き上げていきたい」と来春の国賓来日を要請した。習氏は「来春に貴国を訪問するのはいいアイデアだ」と応じた。首脳往来を継続して両国の関係改善を軌道に乗せる狙いがある。

習氏は28日に開幕する20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせて来日した。国家主席に就任した2013年3月以降、日本での日中首脳会談は初めてだ。首相は「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」と強調した。

会談では北朝鮮政策を議題とし、朝鮮半島の非核化に向け協力する方針を確認する。習氏は20、21両日に国賓として北朝鮮を訪れ、金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会談した。正恩氏が日朝首脳会談や日本人拉致問題に言及したか明らかにするかも注目だ。

中国が米国と対立する貿易問題も取りあげる予定だ。G20サミットでは貿易も主要議題となり、首相は自由貿易の推進で歩調を合わせる習氏に協力を呼びかける。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン