観光列車「海里」10月デビュー、料亭料理を提供

2019/6/27 19:24
保存
共有
印刷
その他

JR東日本は27日、新しい観光列車「海里」を10月5日から運行すると発表した。10~12月に新潟県と山形県庄内地域で開催する大型観光企画「デスティネーションキャンペーン(DC)」の期間中、新潟―酒田間を走る。車内では料亭の料理人が手掛けたメニューなどを提供し、日本海の景色や、新潟と庄内の食を楽しんでもらう。

4両編成で運行する観光列車「海里」

海里は10~12月の金・土・日曜日を中心に、4両編成で運行する。料金は未定。4号車のダイニング席では新潟と庄内の食材を生かした料理を提供する。新潟―酒田間の下り列車内では「行形亭」や「鍋茶屋」など3つの老舗料亭が調理を手掛ける。

日本海の景観を楽しんでもらうため、観光名所「笹川流れ」が見られる桑川―越後寒川間は速度を落として走行する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]